サポートセンター

よくある質問

よくお尋ねいただくご質問を紹介しています。こちらを読んでも解決しない場合は、お問い合せフォームでお問い合せください。

  • Q:短期間で全てのカリキュラムを終えたいのですが、受講期間を短縮することは可能でしょうか?

    A:可能です。ただし、卒業試験や資格認定試験に合格できるため、十分な学習時間を確保したほうがよろしいでしょう。

  • Q:推拿学科マスターコースを修了した後、どのような仕事ができるのでしょうか?

    A:独立開業の他、現在の仕事を辞めずに休日を利用して臨床活動や治療院に就職などができます。お仕事のご紹介や開業のご指導が必要の場合、気軽にご相談くださいませ。

  • Q:中医整体(推拿)とその他の整体の違いは?

    A:手技療法の源流といわれる中医整体(推拿)は、手技の種類が22種、そのなかに50近い形があり、さらにたくさんの組み合わせもでき、他の整体の何倍もの技と適応症があります。筋肉や関節の異常だけではなく、内臓の病気を癒す手技もあります。中国本土で正式な治療法として認められ、ほとんどの病院に推拿科が設けています。

  • Q:授業は日本語でおこなわれるのですか?

    A:はい、すべて日本語です。オプションとして中国語バージョンも申し込めます。

  • Q:卒業後、どこかの資格を受験できますでしょうか?

    A:当校において100時間分学習していただいた国際資格受験申請を提出した方を、世界中医薬学会連合会または世界鍼灸連合会へご推薦致します。 ※世界中医薬学会連合会では中医薬の仕事をする人は①医師、②看護士、③薬剤師、④講師、⑤技師(針灸?推拿含む)などの5つに分類しており、それぞれ5レベルに分かれています。(例えば医師の場合は、助理医師・執業医師・主治医師・副主任医師・主任医師の5レベルがあります。)

  • 1
  • 2
  • 3